注文住宅でマイホームを建てるメリット❘自由設計がKEY

室内

価値ある職人

家

宮大工は、日本に古くからある神社の修復を行なう職人のことを言います。神社の構造はとても複雑なもので、細かな装飾も多い為に特殊な技術力を要する者のみしか行えない仕事になるでしょう。宮大工は木組みと呼ばれる工法で建てられている神社の修復の他に、住宅内の仏間を仕上げるので、個人が施工を依頼することも可能です。宮大工は基本的に神社などの建物に携わる施工を行っていますが、プレハブ、住宅の施工にも長けている存在だと言えるでしょう。

宮大工になる為には、相当な修行年数を積むことが重要だとされています。通常の大工にも同様のことが言えますが、しかし、宮大工は通常の大工よりも2、3倍の修行年数を要するでしょう。建物の施工に欠かせない道具までも手掛ける職人なので、その技術力が一人前だと言えるまでに約10年掛かるでしょう。宮大工が手掛ける神社の中には、日本の中でも価値の高い文化財も含まれており、施工に用いられる木材には最高級品が選ばれるでしょう。高い技術力を身に付けないと現場に立つことが許されません。

個人の住宅建築に携わる宮大工も多くいるので、気軽に依頼をすることは可能です。その技術力の高さから人気を博しているでしょう。住宅建築の際に依頼先となる宮大工を探す際には、地元に根強い工務店が行なっている完成見学会に足を運んでみることです。完成見学会では、住宅の外観はもちろんのこと、内装の細かな部分までチェックすることができるので、大きな参考材料になるものです。

Copyright© 2016 注文住宅でマイホームを建てるメリット❘自由設計がKEY All Rights Reserved.